カメラマンって、実は意外と稼げるんです。


by 4yxf7uatfy

カテゴリ:未分類( 30 )

 民主党の小沢一郎前幹事長が7日に原口総務相と会談し、「民主党にもいろんな問題点はあるが、それを乗り越えていってほしい。党と内閣をしっかり支えて頑張ってほしい」と語っていたことが分かった。

 原口氏が9日、東京都内で記者団に明らかにした。小沢氏の発言について、民主党内では、小沢氏は、菅首相による一連の内閣・党役員人事に不満を感じているものの、当面は様子見の構えを示したものとの受け止め方が出ている。

 会談は、首相が小沢氏に批判的な枝野幹事長らの起用を固めた後、都内で約30分行われたという。

 原口氏は、今回の党代表選で、小沢氏周辺から出馬を打診された経緯がある。

<O157>感染者、3校で計17人に 6人が入院…津(毎日新聞)
日光東照宮など5億円の申告漏れ…国税指摘(読売新聞)
<菅内閣発足>野党、警戒感強める…世論の支持高く(毎日新聞)
菅首相会見詳報(3)「仙谷氏は煙たい存在」(産経新聞)
陛下発熱、大事を取り午後の予定を中止(読売新聞)
[PR]
by 4yxf7uatfy | 2010-06-11 18:58
 大阪市立斎場(火葬場)の職員が葬儀業者から「心付け」として現金などを受け取っていた問題で、市は31日、職員10人の懲戒免職をはじめ、停職や減給などを含む計42人の処分を発表した。一つの事案の懲戒免職数としては過去30年で最多。市の調査に対し、業者が「見返りに火葬の順番を早めてもらった」と証言したが、便宜供与は確認できなかったという。

 市は同日、斎場業務の見直しに向けて民間委託や指定管理者制度の導入を検討し、今年度中に方向性を出す考えを示した。

 市によると、心付けが禁止された平成14年以降も5斎場のうち3斎場で心付けが続き、今年1月までに火葬担当の技能職員44人のうち22人が受領。自己申告分だけで総額約950万円に上り、1人で計144万円受け取った職員もいた。

 職員は「いけないと知りつつもらった」と証言。骨上げ台の引き出しに業者が入れたケースのほか、特定職員が業者の事務所に出向いたり、業者との定期的な飲食会で受け取ったりしていた。調査対象の業者21社のうち9社が心付けを渡しており、「出さない業者は端の火葬炉ばかりあてがわれた」との証言もあった。

 処分者の内訳は免職10人、停職11人のほか、管理監督者で3人を減給、17人を戒告、1人を文書訓告とした。

【関連記事】
大阪市立斎場「心付け」受領疑い職員は23人 着服も1人
大阪市立斎場「心付け」問題 17、19年にも市に通報
大阪市立斎場で職員の半数が「心付け」受領
葬儀料金、透明化の動き イオンが手応え
火葬料410万円着服の斎場職員を懲戒免 忌引も不正取得

和装と洋装の美の祭典=京都・大覚寺でファッションショー〔地域〕(時事通信)
巨人の野村Jrカツノリ2軍コーチが都内で接触事故 けが人なし(産経新聞)
口蹄疫 新たに5市町9農家で疑い 宮崎(毎日新聞)
火災 名大工学部の実験室から出火、男子院生を搬送(毎日新聞)
僕らの学食を守るぞ! 経営難、生徒らボランティア店員(産経新聞)
[PR]
by 4yxf7uatfy | 2010-06-01 20:36
 茨城県利根町布川(ふかわ)で67年に男性(当時62歳)が殺害された布川事件の再審公判に向け、桜井昌司さん(63)と杉山卓男さん(63)の弁護団は21日、検察側が開示した目撃者の女性に関する捜査報告書を証拠として申し立てた。

 弁護側によると、捜査報告書は遺体が発見された翌日の67年8月31日付で、この女性の証言に関する一連の捜査書類の中で最も早いもの。事件のあった時間帯に、被害者宅前で桜井さんや杉山さんと違う特徴の人物を見たと述べているという。

 再審請求審では女性の供述調書(67年10月)が初めて開示され、再審開始の決め手の一つになった。弁護側は「女性が事件発生直後から一貫して2人とは違う人物を見たと話していたことを裏付けられる」と説明している。【原田啓之】

【関連ニュース】
布川事件:ワイシャツとタオルのDNA鑑定要求へ…検察
名張毒ぶどう酒事件:84歳の奥西死刑囚「後がない」
足利事件:「心晴れ完全無罪」 菅家さんうれし涙
布川事件:検察、シャツとタオルのDNA鑑定要求へ
布川事件:再審 DNA鑑定に疑問の声 専門家、43年たち証拠能力懸念 /茨城

<ダイヤ鑑定かさ上げ>利益どこへ 市場縮小、業者「圧力」背景か(毎日新聞)
SL 「集煙装置」付きD51型 甲府−小淵沢駅間に登場(毎日新聞)
乳児虐待、両親を逮捕=傷害容疑、頭骨骨折など―大阪府警(時事通信)
「小沢氏了承」改めて供述=再聴取に元私設秘書、石川議員も―東京地検(時事通信)
子ども手当 満額断念「現金」「現物」上乗せ 選択、自治体任せ(産経新聞)
[PR]
by 4yxf7uatfy | 2010-05-26 14:32
 甲府市内のフィリピンパブの女性従業員の偽装結婚に関与したとして、山梨県警は14日、県富士工業技術センター研究員の河野正紀容疑者(45)(甲府市高畑)ら2人を電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕した。

 発表によると、ほかに逮捕されたのは、パブホステスでフィリピン国籍のムラナカ・ノーレン・フェルナンデス容疑者(22)(同市中央)。

 2人は昨年1月16日、同市役所に、フェルナンデス容疑者と同市内の日本人男性(29)との虚偽の婚姻届を提出し、男性の戸籍原本に不実の記録をさせた上、正しい戸籍簿の原本として供用した疑い。県警は、この男性についても同容疑で書類送検する方針。

 調べに対し、河野容疑者は「好意がある者同士の結婚で、偽装ではない」と供述しているという。

トヨタ叩き「風向き」変化? 急加速「証言矛盾」に「不適切編集」
「肩代わり」健保法改正案が成立−12日参院本会議(医療介護CBニュース)
ニューハーフ不正結婚、フィリピン人女に逮捕状(読売新聞)
<普天間移設>政府、5月決着断念へ…徳之島3町長拒否(毎日新聞)
局部長にも専門スタッフ職=国家公務員の退職管理方針−総務省案(時事通信)
[PR]
by 4yxf7uatfy | 2010-05-15 19:55
清野裕さん(糖尿病専門医、関西電力病院長)

■SU薬の大量投与が併用時の重症低血糖の原因に

―新規薬の投与に当たって注意しなければいけない点はありますか。
 
 これまでSU薬の効果があまりなかった人に対して、新しい経口薬とSU薬を併用した場合、特に高齢者で、重症の低血糖を起こしているという報告を十数例聞いています。よく解析してみると、SU薬が効かないので大量に飲ませていたケースが多い。つまり、もともとの薬の使い方が非常に不適切であることが分かりました。その状態でぽんと新規薬を併用すると、わずか2、3日で血糖値200-300の人が40以下の重症低血糖を起こしているのです。
 メカニズムはまだはっきり分かっていませんが、新しい薬が活性化するインクレチンは、インスリン分泌につながるブドウ糖経路をよくするといわれていました。SU薬はブドウ糖経路を刺激しますね。これまでは効かないから大量に処方してもよかったわけですが、新しい薬を併用することによって、ブドウ糖経路が改善され、大量に処方したSU薬が効き、インスリンが大量に出て血糖が下がる。
 よくSU薬が効かないことについて「膵β細胞の疲弊」と言う人はいますが、わたしは、何らかの原因でSU薬が効かない状態になっているだけで、「疲弊はない」と言っていました。もし「疲弊」していたのであれば、インクレチン関連薬を使っても、インスリンを出すそもそもの部分が駄目になっているのだから、このようなことは起こらないはずですよね。

 専門医から見ると、このようなことが起こるとは想定外でした。SU薬をA薬、B薬としましょう。高齢者にはA薬は使うのをやめましょうとか、もう70歳以上ならB薬にしなさいとか、A薬ならその半分ぐらいまでですよとか、そういった教育をしてきたけれど、依然日常の診療では違うことになっている。ですから、慌ててこういう使い方をしてくださいという方針を、ある研究会として示しました。適正に使ってほしいということは切実に思います。

―医師によって薬が適切に使用されていない現状がある。新しい薬の登場で、糖尿病治療の問題点が改めて浮かび上がったということでしょうか。

 そうですね。単剤なら、開業医の人も安心して非常に早期からどんどん使えます。ところが併用の場合は予期できないようなことが起きている。臨床試験の時は組み合わせの薬もきっちり、適量を守って使っているわけですが、従来の薬が適切に使われていない場合に、予期せざることが起こる。従来の薬を適切に使わない人がたくさんいるということですよね。
 しかし、専門医が全国のかかりつけ医全員を啓発するというのは至難の技です。だからわたしたちも地域連携パスを用いて、かかりつけ医との間で患者さんをぐるぐる回しています。わたしの病院では、大阪でおそらく一番多くの教育入院に取り組んでいると思います。枚方から西宮の方まで広域をカバーして、大体パスの更新率も7-8割ぐらいです。病院に来た時のHbA1c値が9%ぐらいの患者さんも、1年後に見たら6.3%ぐらいになっている例もあります。重要なのは、医師が頭を切り替えて、自分のところで患者を抱え込もうとするのはやめるということです。
 
 また、糖尿病は患者さんへの教育が大事です。わたしが若い先生に口を酸っぱくして言っているのは、とにかく患者さんと話すということ。わたしたちのところでは、週3日、医師や栄養士などが集まって患者さんから質問を受ける「Q&Aコーナー」など、ありとあらゆる手段で教育して、患者さんをお帰ししています。また最近では、最初の教育の重要性についてかかりつけ医の先生の理解も深まり、数年前まではむくんだり、目の具合が悪くなったりして初めて紹介してこられたのが、今ではもう初診なら少々軽くてもすぐに紹介してくださいます。
 ただ、講演会を開いても、モチベーションの高い医師しか集まらないのが現状です。わたしたちは地域の勉強会もやっていますから、より多くの方に積極的に加わっていただきたいと思います。

―このほか、新規薬を投与する中で気付いたことを教えてください。

 古いA薬との併用で血糖値が急激に下がることが分かったことは、逆に言えば素晴らしいことで、新しい薬は元の効かなかった薬を効かせてくれる補助的な薬剤だということになりますし、本来ならA薬はその3分の1か4分の1でよかったはず、ということも分かってきます。
 また、わたしの病院では、これまで注射剤のインスリンを打っていた人が、新しい経口薬と古いA 薬の組み合わせに切り替えたという例もかなりあります。1日3、4回注射しなければいけなかった人にとって、これは便利ですよね。高齢者や施設にいる人など、自分では打つことが困難な人にとっても、使いやすくなると思います。
それから、老人の1人暮らしが非常に増えていますが、そういう方が自宅で低血糖になっていたら大変です。単剤で使えば低血糖がないので、勧められますね。
 ただし、薬剤の切り替えに関して、そこはさじ加減で、医師なら誰でもできるということではないと思います。血液中のホルモン分泌の回復具合や切り替える用量、タイミングなど、現時点では専門医でないと行ってはいけないと思います。


【関連記事】
専門医に聞く、新規2型糖尿病治療薬の使い方(上)
インクレチンとSU薬の適正使用で勧告―日糖協
新規2型糖尿病治療薬に併用効能を追加申請―武田薬品
新規2型糖尿病治療薬ビクトーザ、4月保険適用は見送り
「新しい2型糖尿病治療薬に期待」

舛添新党が午後に正式発表「政界再編の第一歩に」「金のかからない、開かれた政治が大事」(産経新聞)
<医療事故>手術で女性死亡 人工心肺装置異常か 東京(毎日新聞)
<福知山線脱線>強制起訴の元社長2人、「重く受け止める」(毎日新聞)
<名古屋市議会>民主党市議団 報酬削減の検討会設置へ(毎日新聞)
防衛相「県外移設へ努力」=反対集会代表ら要請−普天間(時事通信)
[PR]
by 4yxf7uatfy | 2010-04-30 21:34
 家事審判事件の申立人が納めた郵便切手を着服したとして、岐阜地裁は19日、30代の男性書記官を同日付で懲戒免職処分とし、業務上横領容疑で岐阜地検に告発したと発表した。
 地裁によると、書記官は岐阜家裁勤務だった2009年9月〜今年3月、担当していた26人が審判申し立てにかかる費用として納付した総額7530円の郵便切手を抜き取ったとされる。
 封筒に書かれた金額と保管袋内の金額が異なっていることに上司が気づき、発覚。書記官は「大変申し訳ない。反省している」としているが、弁済はしていないという。
 岐阜地裁の富田善範所長は、最も重い免職処分としたことや告発の理由などについて詳細は明かしておらず、「内容を総合的に考慮して、不確定なことを公表するのは相当でないと判断した」としている。 

【関連ニュース】
裁判員判決、自衛官に有罪=先輩隊員を銃剣で切り付け
今度は裁判官月給一覧表=阿久根市長、自身のブログに「おカネ持ちが判決」
きらやか銀行員、横領容疑で逮捕=被害総額は7700万円
男性の復職、なお拒否=免職取り消し判決を無視
復職へ「まだ通過点」=勝訴の阿久根市職員が会見

TBS系新報道番組出演キャスターが意気込み
ラグビーW杯の誘致めざし、東大阪市が来月から署名活動(産経新聞)
舛添氏 近く離党の意向 新党結成目指し「最後の詰め」(毎日新聞)
無人駅の運賃ごまかし、百円単位でも刑事告訴へ(読売新聞)
寛仁親王殿下が5月にトルコへ(産経新聞)
[PR]
by 4yxf7uatfy | 2010-04-24 01:11
 書類仕事が多い役人にも“活字離れ”!? 職員の表現力や読解力を向上させようと、東京都は16日から2回にわたり、職員を対象にした勉強会を開催する。都庁幹部からは最近、職員の表現力などを危ぶむ声が出ており、背景には活字離れがあると分析している。勉強会は、専門家を講師に招き、語彙(ごい)力や表現力の向上を目指す。都によると、都道府県の職員を対象とするこうした対策は全国初という。

 猪瀬直樹副知事の発案により、都は平成22年度、若者を始めとする昨今の日本人の活字離れに歯止めをかけるための有識者会議を設置し、対策を検討していく方針を決定している。

 都は「国際的な子供の学力調査でも日本人の読解力低下が顕著となっている。東京が先陣を切って活字離れ対策に乗り出したい」と話す。作家として活字にこだわりを持つ石原慎太郎知事も有識者会議に期待しているという。

 そういう都でも、職員の活字離れは進んでいるようだ。読書によって培われる語彙力や表現力、論理的な思考が十分ではないのだという。ある職員は「猪瀬副知事から『説明の意図が分からない』『もっと勉強しろ』とよく言われる」と明かす。

 勉強会は表現力向上などが中心になる。講師は、フィンランド式言語教育の専門家、北川達夫・日本教育大学院大客員教授と、ドイツ式の作文教室を主宰し日本サッカー協会のコミュニケーションスキル専任講師でもある三森ゆりか・つくば言語技術教育研究所所長が務める。

 定員は約280人。担当者は「石原知事も『人間が生きるために必要なものはパンと水と本』と繰り返し述べている。立ち見が出るほど集まってほしい」と話し、勉強会が活字離れ抑止につながることを期待している。

<JCOM>「デジ・アナ変換」来夏から実施(毎日新聞)
すごかった花見客!豊臣秀吉も愛した一目千本の吉野桜(産経新聞)
「郵政法案は改革逆行」=自民・幹事長(時事通信)
【from Editor】「フラ」のもう一つの顔(産経新聞)
<寒暖の差>原因は平年より強めの寒気と暖気のせめぎ合い(毎日新聞)
[PR]
by 4yxf7uatfy | 2010-04-21 10:15
 厚生労働省は4月16日、利用料が高いため公的支援サービスを中断した障がい者の近況についての調査結果を発表した。それによると、公的支援サービスを中断した障がい者の6割は、利用料が減額になったことでサービスを再開していることが分かった。障がい者への公的支援サービスの根拠である現行の「障がい者自立支援法」を批判する障がい者支援団体などが、厚労省に実態調査を行うよう求めていた。

 利用料が高いことやサービス内容に問題があるとして、「障がい者自立支援法」は廃止され、「障がい者総合福祉法」(仮称)が制定されることになっている。厚労省はこれに先立ち、障がい者支援団体などの求めに応じて、2006年に利用料が高いことを理由に入所施設や通所施設を退所した1625人の近況を調査した。

 調査結果によると、市町村民税非課税世帯の障がい者の7割前後で、市町村民税課税世帯では約6割でサービスを再開していた。

 サービスを再開していない障がい者の8割は在宅で生活しており、厚労省では「状態が改善されたのではないか」(障害保健福祉部企画課)としている。

 障がい者自立支援法をめぐっては、自己負担比率が過去2回見直され、今年3月末までに利用者の負担額が10分1程度に下がり、4月からは無料化されている。

 「障がい者総合福祉法」については、4月27日から厚労省で本格的な制度設計の議論が始まる。


【関連記事】
27日に総合福祉部会の初会合―障がい者制度改革推進会議
医療体制の在り方など議論―障がい者制度改革推進会議
「障がい者総合福祉法」の議論スタート―改革推進会議
障害者の定義を「社会モデル」へ―制度改革推進会議
障がい者制度改革推進本部が初会合―政府

止まらぬ橋下vs井戸、座長は「じゃんけんで決定?」 3空港懇(産経新聞)
甘い香り漂う…桃の花が見ごろ 山梨県(産経新聞)
迢空賞に坂井修一氏(時事通信)
四国こんぴら歌舞伎が開幕(産経新聞)
同日選で政権選択を=参院福岡で候補擁立−みんな・渡辺氏(時事通信)
[PR]
by 4yxf7uatfy | 2010-04-17 06:14
 ギネスワールドレコーズ社(英国)から複数の「世界一」認定を受けている滋賀県彦根市尾末町、ピアノ講師寺村邦子さん(54)が企画した「世界一参加者の多いかくれんぼ」が4日、同市日夏町の荒神山公園で行われ、見事に目標を達成した。

 かくれんぼの認定は初めてのため、同社は100人以上が1時間続ければ世界一とした。鬼が最初の5分間で隠れた参加者を探し、参加者はそのすきに鬼に見つからないよう、「ホーム」と呼ばれる安全地帯に走り込むことができればセーフというルール。

 快晴の下、2歳から70歳代までの188人が参加。笑顔を見せながら1時間で3セットのかくれんぼを繰り返して世界一を達成し、立ち合った同社認定員から認定証を受けた。

 彦根東高からは同校キャラクターの「ぎんにゃん」も参加。ぎんにゃんは緩い表情ながら鬼のすきをついてホームに駆け込むなどの活躍を見せ、子どもたちの歓声を浴びていた。

 家族6人で参加し、最初の鬼を務めた長浜市の会社員塚田恭成さん(41)は「楽しかった。けが人もなくて良かった」と満足そう。寺村さんは「初めての記録が彦根から出てうれしい。来年も世界一に挑戦したい」と喜んでいた。

<土門拳賞>鈴木龍一郎氏に表彰状など贈られる(毎日新聞)
大宅賞に上原、川口両氏(時事通信)
休憩時間中の医院で盗み=計40件か、容疑で無職男逮捕−警視庁(時事通信)
<黄元書記>「拉致知らなかった」「元党幹部として反省」(毎日新聞)
鳩山首相 連合会長と「政府・連合トップ会談」(毎日新聞)
[PR]
by 4yxf7uatfy | 2010-04-12 12:46
 厚生労働省は3月31日、第22回介護福祉士国家試験の合格発表を行った。受験者数は前回比2万2981人増の15万3811人、合格者数は同9258人増の7万7251人で、共に2年連続の減少から一転して過去最高を更新した。2012年度から試験制度が変わって受験資格が厳しくなることから、“駆け込み受験”が大きな要因とみられる。

 合格率は50.2%で、前回より1.8ポイント低かった。合格者の男女比率は男性が20.8%、女性が79.2%。受験資格別では、老人福祉施設の介護職員などが47.8%で最も多く、以下は訪問介護員が22.4%、介護老人保健施設の介護職員が9.7%など。

 今後、合格者の9割以上が新規登録し、国内の介護福祉士登録者は88万人以上になる見通し。

 試験関係者は「受験者数がピークに達して過去2回は減少したが、12年度から受験資格として600時間以上の養成課程が義務付けられる試験制度に変わるため、“駆け込み受験者”が多かったのではないか」と話している。


【関連記事】
薬剤師国家試験、合格率2割近く減
医師国試、合格率は89.2%
介護人材の養成の在り方で議論―厚労省検討会が初会合
STの合格率は7.5ポイント増の64.8%、MEは微増の81.4%
社会福祉士合格率27.5%、PSWは63.3%

普天間移設、首相またブレるも「大きな話でない」(産経新聞)
両陛下、ご静養入り 須崎御用邸などに滞在(産経新聞)
受けて立つ!清水女流2冠が将棋ソフトと対戦(スポーツ報知)
<交通事故>衝突2人死亡、身元分かる 長野の国道(毎日新聞)
痛みは「さする」と効果あり 無意識に神経修復 群馬大(産経新聞)
[PR]
by 4yxf7uatfy | 2010-04-07 00:12